この日のロケは、昼過ぎに集合して夕方ぐらいまでの予定が、撮影が押してちょっと遅くまでかかることが判明。自宅が遠いぼくは早め(といっても8時過ぎ)においとまさせていただくことに……というわけで、またも持ち帰ってきたお弁当がこれです。
 前回お昼にいただいたお弁当の「重さ」のわりにはあっさりした献立でありました。

 ぼくが帰った時点で、スタッフはまだがんばって撮影中。ハリウッドでは組合がうるさいためそういうことはないと聞きますが、日本の映像製作の現場では「状況次第で食事あとまわし」はけっこう普通で、この日もそのパターンだったわけです。
 自分の帰宅は11時前ぐらいになり、そのあとこうやって写真撮ってから遅い夕食をとったのですが、現場のスタッフが夕食にありついたのは何時だったやら……ひょっとして同じころだったりして?
※水平を保ったまま持ち帰るのがむずかしくて、ごはんにおかずのおつゆが染みてます。これはこれでリアルですネ(^^;。

映画『百万円と苦虫女』エキストラ募集記録を見る