『しゃべれども しゃべれども』 のページ

<トップページへ> <カテゴリ一覧へ>

2008/01/21

当サイト協力作品、キネ旬&ヨコハマ映画祭ベストテン1~3位に♪

 さきごろ「第81回(2007年度)キネマ旬報ベストテン」が発表されましたが(1月10日)、選出10作品中じつに4作品、しかも1位~3位まではすべてが「本ブログのエキストラ募集告知協力作品」でした。
 また、昨年暮れに発表された「ヨコハマ映画祭2007年日本映画ベストテン」でも、まったく同じ4作品が名を連ねています。
 まずは各作品の関係者の皆様にお祝いを申し上げます。
 ちなみに、2月3日の「ヨコハマ映画祭」で、「それでもボクはやってない」「しゃべれども しゃべれども」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」がまとめて鑑賞できるそうです(前売2500円)。ご覧になってない神奈川県方面の方はどうぞ。(表のいちばん下のところからぴあの前売ページにリンクを張ってあります)⇒完売だそうです。

キネマ旬報
第81回(2007年度)ベスト10
ヨコハマ映画祭
2007年日本映画ベストテン
1位 「それでもボクはやってない」
※日本映画監督賞、日本映画脚本賞 - 周防正行
「それでもボクはやってない」
2位 「天然コケッコー」 「天然コケッコー」
3位 「しゃべれども しゃべれども」 「しゃべれども しゃべれども」
4位 「サッド ヴァケイション」 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
5位 「河童のクゥと夏休み」(アニメーション) 「河童のクゥと夏休み」(アニメーション)
6位 「サイドカーに犬」 「魂萌え!」
7位 「松ヶ根乱射事件」 「サイドカーに犬」
8位 「魂萌え!」 「人が人を愛することのどうしようもなさ」
9位 「夕凪の街 桜の国」 「自虐の詩」
10位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 「夕凪の街 桜の国」
次点 「愛の予感」 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
「クワイエットルームにようこそ」
※作品タイトルのリンク先は、当ブログ内の各作品の過去ログです。
 黄色の地色の作品は、当ブログがスタッフのかたの直接のご依頼でエキストラ募集を告知した作品です。
<表彰式&上映会情報>
【前売中】第29回 ヨコハマ映画祭
2月3日(日)11:00開演@横浜市・関内ホール大ホール
⇒完売済み
⇒2007年ベスト10上位作品一挙上映:
それでもボクはやってない
しゃべれども しゃべれども
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
  この記事を全部読む⇒  

2007/05/17

映画『しゃべれども しゃべれども』来週公開

iconicon  昨2006年の当ブログの運営歴上、『パッチギ! LOVE&PEACE』と甲乙つけがたい強烈な体験をもたらした作品……映画『しゃべれども しゃべれども』(平山秀幸監督作品)が来週土曜(5月26日)から全国で公開されます。

 TOKIOの国分太一が落語家に扮して初単独主演するこの昨品……と、今はこうやって普通に人名を書けますが、昨年のいまごろは「諸事情により募集告知文中では出演者の紹介ナシ」という(ありがち?な)制約の中、「寄席、落語独演会会場」や「浅草寺境内」など、多人数の「中高年エキストラ」を必要とする撮影が連日続く状況で、エキストラ担当スタッフの必死ぶりが伝染してっちゅうか、ない知恵ふり絞っていろいろ告知を広める工夫に取り組んだものでした。
 自分でもロケに2回エキストラで参加しましたが、特に新宿末広亭での「徹夜ロケ」(伊東四朗さん演じる落語家・桂小三文が「火焔太鼓」を演じるシーンと、その前後数シーンが撮影された)は、かなり刺激的な体験になりました。

  この記事を全部読む⇒  

2007/01/05

本日の「まとめて補足」

●12月28日既報・山崎ナオコーラ原作の映画『Don't laugh at my romance.』(仮)ですが、エキストラ募集日程が変更になっています。って、ぜんぜん違いすぎ(^^;。
撮影日時(予定):2007年1月 16日(火)、19日(金)、30日(火)
         2007年2月 2日(金)、4日(日)、5日(月)、8日(木)、9日(金)
         ※下記に変更になりました(1/4更新)
         2007年1月21日(日)、23日(火)、26日(金)、28日(日)
         2007年2月2日(金)、4日(日)、9日(金)、(11日(日予備)
 その他詳細は元の告知記事のほうをご覧ください。
 応募にあたっては、撮影日に限らずその前後も含めて、たとえば「毎週何曜日なら空けられます」みたいな書き方をしたほうがいいかもしれないですね。

●実は本日の Yahoo! Japan「話題先読み情報」欄から当サイトにリンクをいただきました(さっき気がついた)。
 http://picks.dir.yahoo.co.jp/topics/
 上記『Don't laugh at my romance.』(仮)エキストラ募集の話題をご紹介いただいたものですが、当該情報は少し「下のほう」になっちゃってて、トップページに訪問された方がまごつきそうなため、道案内がてら新規の記事として補足した次第であります(^^;。

●その「話題先読み情報」ページ経由で初めて気がついたんですが、昨年、当サイト(など)を通じてエキストラ募集告知した映画『しゃべれども しゃべれども』(国分太一主演……って、今ならおおっぴらに書けるけど当時は伏せての募集だった(^^;)ですが、原作者の佐藤多佳子さんがこのほど平成18年度下半期の直木賞候補にノミネートされたとのこと。受賞すれば映画もどーんと注目度上がりそうで、エキストラ参加しただけの立場とはいえなんだかうれしいかも……結果は1月16日(火)夕方以降に判明予定です。
※映画『しゃべれども しゃべれども』公式サイトはこちら。本年「初夏」にロードショー予定だそうです↓
http://shaberedomo.com/

2006/06/05

映画『しゃべれども しゃべれども』は無事に撮影が終了したそうです

 担当者の方からご連絡をいただきまして、6月3日まで続いていた映画『しゃべれども しゃべれども』(主演・国分太一)の撮影が無事終了したとのことです。

 って、完全なクランクアップか、ボランティアエキストラ動員での日程が終わったということかはきちんと聞くのを忘れましたが、ともあれ当サイト経由でご応募された皆さん、どうも本当にご協力ありがとうございました。それぞれに「素敵な」「楽しい」あるいは「苦しかったけど印象的な(!?)」思い出が作れたことをお祈りしてます。公開が待ち遠しいですネ。

 個人的にも、オープンなWEB上での募集告知ゆえの制約につきあたったりなど、当サイト運営上でも今回はとくに勉強になったというか、作品への関与度がかなり深い作品のひとつになりました。
 スタッフの方に初めて電話をかけて打ち合わせしたのは確か「さくらん」の撮影現場からで、ちょんまげ頭だったよなア……なんてことが、いま思い返すとえらく懐かしかったりします(^^;。ほんの1ヶ月ちょっと前の話なんですけどネ。

 なお、参加者に配られる予定の「記念品」ですが、品物自体がまだできてないそうで、今月末以降の発送になる模様です。気長に待ちましょうネ。

2006/05/23

映画『しゃべれども しゃべれども』エキストラ募集日程を再更新しました

 継続的にご案内している映画『しゃべれども しゃべれども』のエキストラ募集ですが、また動きがありましたので元の告知記事を更新しました。

・締め切りの再延長
 ⇒25日(木)撮影の「神社に参拝する人波(台東区)」は22日(昨日)締め切りとなっていましたが、本日(23日)でもまだ間に合います。

・新規日程の追加3件
 ⇒5月28日(日)、「クリーニング店の客」(若干名)
 ⇒5月29日(月)、「プロ野球を観戦している観客/新聞記者」(ただし26日分の天気予備日)
 ⇒6月3日(土)、「電車の乗客」(若干名)

 詳しくは元の告知記事をご参照ください。
http://yanaken.cocolog-nifty.com/extra/2006/05/post_801b.html

 応募手続きページはこちら。下のほうの「どちらでお知りになりましたか?」の項目は「東京エキストラNOTES」にチェックを入れてくださいネ。
http://www.bowsprit.co.jp/mail/ex.html

2006/05/19

映画『しゃべれども しゃべれども』募集近況

2006/05/13

『しゃべれども しゃべれども』徹夜エキストラに行ってきました。

2006/05/09

映画「しゃべれども しゃべれども」エキストラ募集(続報)

2006/05/04

映画「しゃべれども しゃべれども」(平山秀幸監督)エキストラ募集

「締め切りが近い順」エキストラ募集/その他スケジュール一覧
 
運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]